わずか半月で110万円の利益!「初心者こそ、自分に合うトレードが何なのかを知るべきです。」

*インタビューをお聞きになるには、上の画像をクリック!

金子:「突撃!となりのトレーダー 新人さんいらっしゃい」。きょうは男性の方です。こんにちは。

助右衛門:こんにちは。

金子:40代の男性、ニックネームが「助右衛門さん」でよろしいですね。

助右衛門:結構です。

金子:歴史の登場人物ということで、歴史が好きでいらっしゃるんですね。

助右衛門:そうです。

金子:まず簡単にトレード以外の自己紹介ですね。お願いできますか。

助右衛門:私は能登在住の40代男性です。養子になりまして、妻の実家で長女とおじいちゃんおばあちゃんと暮らしております。ここに住み始めてまだ10年たってないんですが、自然あふれるいい所で、ほんとに気に入っています。

金子:この写真頂いたのは、おうちの近くのその能登半島からの海の景色でしょうかね。

助右衛門:そうです。千里浜ご存じでしょうか。

金子:はいはい、知ってます、知ってます、知ってます。

助右衛門:砂浜、車で。

金子:走れるとこですよね。

助右衛門:ええ、そこです。

金子:いいですね。私ウインドサーフィンもやってたことあるんで、近いといいですよね。サーファーにとってはね。

助右衛門:そうですね(笑)。

金子:趣味は。

助右衛門:趣味はサッカーしておりまして。

金子:まだ現役なんですか。

助右衛門:シニアリーグで現役で頑張っております。

金子:すごいですね。もう私も小学校から35歳まで現役でしたけど、けがのないように気を付けてください。もう致命傷になりますからね、年行ってからのサッカーは。

助右衛門:そうなんですよ。もうケガ人続出です。

金子:そうです。自爆するんですよね、みんなね。勝手にアキレス腱(けん)伸ばしてね。

助右衛門:そうなんです、そうなんです。

金子:気を付けてください。あとは万年筆集めが好きということですね。

助右衛門:そうなんですよ。これちょっとマニアックなんで、話が長くなります(笑)。

金子:分かりました。東京のいろんなところまで来られるぐらい、好きだということですよね。

助右衛門:万年筆を買うためだけに。

金子:世界堂とかそういうとこまで来ちゃうってことですね。

助右衛門:そうです。

金子:分かりました。うちの娘が文房具マニアなんでよく行かされます、いろんなとこに。

助右衛門:ああ、いいですね(笑)。

金子:分かりました。では、『マニュアル購入前の投資経験』を簡単にお願いします。

助右衛門:20代後半だったと思うんですが、兄から私募債を買ってみないかと言われまして、それで300万ぐらいだったか投資して、毎年配当を5%もらったのが最初。

金子:いいですね。

助右衛門:ええ、良かったんです。それが最初です。それからですね、もうちょっと味をしめて日経平均連動のETFの突っ込み買いを年に2、3回してまして、それはやっぱりちょっと儲かりましたね。

金子:今で言えば「突っ込み買い」という言葉で、安い局面は買ったほうがいいという正しい知識をどこかで仕入れたと思うんですけども、それで買ったってことですね。

助右衛門:もう素人考えで「あ、安いな。マスコミ騒いでるな」って、そういうことで。

金子:素晴らしいです。

助右衛門:買ってたということ。

金子:基本はこれからもそれで正解だと思います。

助右衛門:はい(笑)。

金子:マスコミが大騒ぎしたときが買い時ですから、そこに当サイトの場合は指標を3つぐらい加えるだけですから。この経験があったら今度うちの突っ込み買いの基準でやったら、それこそもう国産車1台分ぐらい突っ込んだってね。ほんと、過去に成功体験あるわけじゃないですか。

助右衛門:はい。

金子:それが感覚じゃなくて数値として表れるんだったら、もっとやりやすいと思いますよね。

助右衛門:それでですね、ちょっともうかったので本格的にやろうと思いまして、でも売買よく分かってないですから、他社の投資顧問会社と契約しまして、株の取引を信用買いで始めました。

金子:幾らぐらいの資金から始めたんですか。

助右衛門:1,000万の信用ですから3,000万まで。

金子:これはすごいわ。

助右衛門パンパンに買わされるわけですよ

金子:それはお金なくなるな。

助右衛門:ええ。それで1%2%毎日変動するんで、何十万ってお金が動くわけですよ。

金子:そうですね。

助右衛門:それで、100万200万赤字、マイナス300万それでも切らしてくれない。馬鹿なんですが言うこと聞いてずっとやってたんですね、私。怖いことをやってました。

金子:それはね、恐らく度胸を付けるための投資の神様の試練だったと思います。おかげさまで度胸がね。スイングなんかいい度胸してるじゃないですか。そのときに比べれば理論はあるし、私もやってるし、ロスカットもはっきりしてるし、利食いもはっきりしてるから、へのかっぱですよね。

助右衛門:そうなんです(笑)。全く動じません。

金子:楽勝でしょ?

助右衛門:マイナス10万なんて関係ないですもん。

金子:そうですよね。全てがそろってますからね。恐らくそういう度胸のある方だなっていうのは、後でスイングやってるの見て分かったんです。そのときの分をこれからゆっくり取り戻しましょう。

助右衛門:分かりました。

金子:では、『マニュアルを購入したきっかけ』をお願いします。

助右衛門:そういった苦い経験がありまして、ほんとにこのままじゃいけないと。だけど、もうどこで何をすればいいのか、(誰かに)教えてもらえばいいのか。もう個別の株は何千ってありますから、どれを選んでいいかも分からなかったんですね。

金子:分かります。

助右衛門:ただ、株の損は株で取り返したいと思い込んでしまいまして。YouTubeで無料動画、株の取引の物をいろいろ探してまして、いろいろ聞いたんですけど、その前の投資顧問会社と似たようなところばっかりで、はてさてこれどうなのかなと思いながら、たまたま「レスキュー225の無料動画」にたどり着きました。金子先生の独自の話し方と、話し方も特徴があったんですが、非常に他のサイトと違って分かりやすいというか論理的、理論があったんですね。

金子:ありがとうございます。

助右衛門:「ここで止まるんです」、止まりました。「ここから反転します」、反転しました。当たってるんですよ。でも他の会社は、「今ここで買ってください。その後暴落で、すいません。」みたいな。結構適当だなと思いまして。でも先生のはちょっと違って、ほんとにまず1回1回の動画、気合い入ってましたんで。

金子:ありがとうございます。

助右衛門:ほんとに感動しました。

金子:無料でも手を抜きませんから、私。

助右衛門:ええ。これ毎日やってんのかなと思って。

金子:そうですね。

助右衛門:ちょっと続けて聞いてみたんです。毎日やってるんですよ、これ。

金子:そうなんです。

助右衛門:先生。

金子:そうなんですよ。無料でもやってるんですよ。ときには本マニュアルのほうの動画を、もう皆さん動画見てるから分かると思いますけど、それを撮った後、無料を撮りながらトレードしたりしてるときもありますからね。

助右衛門:(笑)

金子:ありますよ。

助右衛門:それでその気合いと、やっぱり株ってこういった理論が非常に大切だなと思いまして。気が付いたのは私、基本を何も知らなかったわけですよ。

金子:みたいですね。

助右衛門:適当で突っ込んでやって、その後、投資顧問に「今買って、今売って」、これですから。何も知らなかったんです。

金子:はいはい。

助右衛門:それで先生の動画を見て、でもその前の会社のこともありまして、2カ月ぐらいは無料動画聞いたでしょうか。

金子:そうですよね。ちょっとこいつ信じていいのかなと思っちゃうのが、普通ですもんね。

助右衛門:そうなんです。それで「E-book225戦略動画」を500円で試しに買ってみたんです。そしたらその詐欺どころじゃない。この中身の充実さで500円って圧倒されましたよ。この充実感が。

金子:ありがとうございます。

助右衛門:これ先生、500円でいいんでしょうかっていう。

金子:そうですね。その500円というのは、1人でも多くの方にやっぱり少しでもお金を払って真剣に勉強していただきたいっていうことで、タダでもいいんですけど、タダのものって真剣に勉強しないじゃないですか。

助右衛門:そうですね。

金子:だから、500円でも払ってください。そしてこれはごく一部のもので、当サイトのほんとの知識っていうのはもっともっとありますよという、その懐の深さをアピールできたらなと思って、このお値段でお分けしてるんですよね。

助右衛門:分かりました。

金子:はい。

助右衛門:それで私ほんとに知識がなくて、「ローソク足?ん?」っていうような、そういう状態でE-bookを買いましたんで、ほんとに基礎からこの動画を見させていただいて、大変勉強になりました。

金子:ですから、私がよく言うのは、このE-bookを見たときに「目からうろこです」っていう方は注意だっていつも言ってるんですよ。逆に何だこれで500円かって言う人は、それなりに知識があるってことじゃないですか。

助右衛門:(笑)はい。

金子:目からうろこのタイプの方だったんですね。

助右衛門:そうです。

金子:続けてください。

助右衛門:それで、もうE-bookだけを見ててもしょうがないと。肝心なことはやっぱり書いてありませんので、実践しようと思ったらやはり本マニュアルだと。今年の4月に買う決心をしました。

金子:分かりました。

助右衛門:それはもうほんとに現状を変えたくて、必ず成功したいという強い気持ちがありました。

金子:分かりました。では、決心をして買ってみました。では、その『マニュアル購入後の感想』をお願いします。

助右衛門:日々のトレーニングですね。日々の動画セミナーを聞いて。もうここがこうなったら上がります、こうなったら下がります。こうなったら横ばいですよ。全部当たりますんでですね。

金子:その全部はちょっとさすがに、、、あの(笑)。

助右衛門:すいませんね(笑)。

金子:かなりの確率でね。それはほんと、私も予告的に言い切るって勇気がいるんです、外れたらどうしようと思うんで。ただ、客観的な事実と、今までの特にディープテクニカルのデータを積み上げて、そのものを言ってるだけなんで、当てようとして言ってるわけではないんですけどね。

助右衛門:そうですね。

金子:はい、ありがとうございます。すいません。

助右衛門:チャート説明ですから、過去のチャートの説明に必ずなりますんで、こうなったらこのサインが出て上がります。2時間足で見たら、日足で見たら、そういった毎日の説明が非常にためになります。先生の動画は、朝の動画、ザラ場と2回ありまして、これを2回ずつぐらい必ず視聴させていただいております。

金子:助右衛門さんは「トレードメール」という個別指導を早々と始められたんですよね。

助右衛門:そうなんです。マニュアルを購入して4月は学習(座学)だけ。聞いてるだけ。あと勉強ですね。与えられたチャートドリル、これを毎日やりまして、次の5月にデモトレードを1回始めたんですけど、これがちょっとなかなか苦戦しましてですね。

金子:そうですね。

助右衛門:ちょっと時間軸が短くて、いろいろ迷いがありました。結局、自分が何やってるか分からなくなったんですが、そしたら先生のちょっとしたアドバイスで、時間軸を(長く)取ってみるとか、その都度アドバイス頂いてるんで、非常に勇気付けられました。

金子:ありがとうございます。助右衛門さんのトレードメール拝見して、やっぱりデイトレよりもスイングのほうが向いてますね。

助右衛門:私も、最初からデイトレするつもりがあまりなくて。トレーニングで、もしかしたら素質があるかもしれないんでやってみたんですけど、「あれ?これやっぱりちょっと向いてないな」って、先生にもすぐ見抜かれまして(笑)。

金子:でもあれをやることによって、短い時間軸でロジックを覚えると、長い時間軸でも同じじゃないですか、基本は。

助右衛門:そうなんですよ。

金子:だから、あのときにやっぱり勇気を持ってやったことによって、時間軸を上げてもできるようになるんで、儲からなくてもいいですから3カ月ぐらいはね。1度、1ヶ月くらいはデイトレやってみるのがいいんですよ。スイングなんて1週間に1回ぐらいしかチャンスがないじゃないですか。

助右衛門:そうなんですね。

金子:そこを捉えちゃえば、もう後は楽勝ですからね。

助右衛門:はい(笑)。

金子:そういう意味では、どの時間軸でも手法が同じっていうのは、とても勉強しやすいかなとは思ってるんですけどね。

助右衛門:分かります。

金子:では、『マニュアルを購入されてからの結果』。これもう途中までお伝えしましたが、ご自身ではちょっと言いづらいと思いますが、スイングに切り替えてから一挙に100万円ぐらい稼いじゃったんですよね。

助右衛門:自分でもびっくりしてるんですが、たまたまそのタイミングから始めまして、理論どおり買えて、、、

金子:すごいですよね。

助右衛門波に乗れて売れたっていうところで、非常にスタートとしたら大成功ということになりました。

金子:7月から本格的にって、現在まだ7月の半ばなんで1週間で110万って(笑)。

助右衛門:そうなんです(笑)。

金子:、今、インタビューしてる時期ってやや値動きが低下傾向にあるんで、私もスイングに絞って、かなりスイングの解説してるじゃないですか。

助右衛門:そうですね。

金子:それは見てれば分かるじゃないですか、極端な話ね。そこでいい度胸してドンと入れてくるわけですよね。びっちり売り買いの波を全部私と一緒に捉えて、そこそこ枚数入れて。それでもミニ10枚以上は入れてないですよね。

助右衛門:そうです。

金子:ですから、非常に効率よくやってますよね。だからこれもひとえに以前お世話になった会社のおかげと。度胸を身に付けたということで、何事もどこかでプラスにつながってくるってことだと思いますよね。

助右衛門:もう度胸だけは感謝してます。

金子:ほんと度胸がなきゃ駄目なんですよね。助右衛門さんのトレードメールに私がいまだに細かくアドバイスしますけど、まだまだ基準も甘いじゃないですか。

助右衛門:そうなんです。まだちょっと甘いところがあります。

金子:ただ、「大体分かった。よし、ここは勝負だな。勝負してみよう。」あとはもうじっとして、余計なことはしない。ビビらないよ。これって意外にトレードに大切なセンスなんですよ、度胸っていうのは。

助右衛門:はい。

金子:だって玉持ったらもうびくびくしてすぐロスカットしちゃうとか、すぐに利食っちゃう人がいる中、どしっと構えて。ほぼ私と、7月入ってから全く同じトレードされてますよね。

助右衛門:ありがとうございます。参考にさせていただいてるんですが、普通の方はホールドできずにすぐおりてしまうと思うんですが。

金子:そうなんですよ。よく長っ張りの私にお付き合いしてるというか、すごいですよね。

助右衛門:それも以前もう信用買いで、半年の期日までぱんぱんに持たされてましたんで。

金子:なるほどね。

助右衛門:これに比べたら1週間くらい簡単に持てます

金子:そうですよね。あとは優位性とロジックと、安全管理と利食いのめどっていうことですよね。

助右衛門:はい。

金子:そこの納得があれば、そんなに難しくはないと思うんですよね。では最後に、助右衛門さんなりにまとめていただけますか。

助右衛門:私にとって株の取引は、まず先物もやったことない素人でしたけれども、こんな初心者も機関投資家とかプロの投資家、あるいは専業トレーダー、皆さんと同じ相場で勝負しなければならないのですが、初心者は何の知識もありませんので、必ず大変なことになると思うんです

金子:そうですね。

助右衛門:それで、やっぱりそばに支えてくれるコーチが必要なんだと思いました。技術、そういったことも先生から教えていただけるんですが、やっぱり1人でトレードするっていうのは不安な部分もありますし、前は分かってたことが分からなくなったり、スランプになったり、そのときに先生がいるとヒントを与えていただいて、早めに立ち直れると思うです。

金子:ありがとうございます。

助右衛門:そういったことを考えると、私はこのマニュアルを購入して、基本から実践まで最短時間で、利益が現実のものになりました。よく株の取引で、あの人がこれでもうかったとか、あの人はこれでうまくやったとか言ってますけど、それを真似してやってみたら大体、失敗しますんで。

金子:そうですね。

助右衛門:私が分かったのは、自分に合うトレードが何なのかを、先生のような経験豊富な方に見ていただいたほうが「あなたこっちが向いてるよ」とか、「ちょっと時間軸を落としてやってみたほうがいいですよ」とか、それぞれ人に合うやり方を教えていただけるので、この本マニュアルを購入して大変良かったと思います。

金子:ありがとうございます。トレードやるということに対する抵抗感がないんで、ほんといい意味で素直なんですよね。素直でぽんぽんやって、やった後にその結果を受け止めながら学んでいけるという、実は最高のパターンですよね。

助右衛門:ありがとうございます。

金子:半月で110万だったら、マニュアル代金回収どころの話じゃないですから。また同じようなスイングの局面とかでも、負けてもいいやと思ってやれるじゃないですか。

助右衛門:そうですね。少し心の余裕が出てきました

金子:出ましたよね。だからそれでもほら、私のトレードって結構しょっぱいっていうか、がちがちじゃないですか。スイングも(笑)。

助右衛門:はい(笑)。

金子:常に安全第一で、無理をしないじゃないですか。

助右衛門:無理してません。

金子:だからそこで真似してるっていうか、参考にしていただいてる分には、恐らくそんなに大ケガしないと思います。私もあまり欲をかかず常に冷静な判断を維持しながら、これからもリードしていけたらいいかなと思います。何といってもデイトレードももちろん素晴らしいんですけども、スイングトレードっていうのは、腹さえくくってしまえば簡単じゃないですか。

助右衛門:そうですね。いくら玉を張れるかに決まってますけど。

金子:そうですね。その額以前だってミニ1枚でも2枚でも、その仕掛けのポイントは5分1分の世界じゃなくて、下手すると半日1日じゃないですか。

助右衛門:そうです。

金子:ですから、それだけ余裕があるっていうことは、再現性が上がってくるわけですよね。そういったところで、皆さんも慣れてくれるといいかなと思います。

時にはビシッとアドバイスすると思いますけど、ちょっとずつ確実に、極端な話私の情報を一切見なくてもできるようになれますから、あと半年1年すれば。ぜひスイングトレードのスペシャリストになって、そして当サイトの突っ込み買いの基準が発動したときには、一緒にごそっと儲けましょう。

助右衛門:ありがとうございます。

金子:今日はお忙しい中ありがとうございました。

助右衛門:こちらこそありがとうございました。

 

■2019年収支報告をいただきました!

2019年4月12日購入

4月 +1,100円 4回
5月 +9,190円 14回
6月 +12.000円 13回
7月 +1,415,000円 11回
8月 +664.500円 6回
9月 -25.000円 1回
10月 +520.000円 1回
11月 +930.000円 2回
12月 +1.105.000円 2回
================
合計 +4.631.790円