卒業後、再び当サイトの門を叩いて成功! ベテラントレーダー・ハルさん

1 マニュアル購入前の投資経験

もう10数年前になります、投資に関わる本を数十冊読みあさり、また数万円程度のサイトを数社購入して株と日経225で投資を始め、高級車一台分程の損失を出した経験があります。

購入したトレード手法の殆どは、ただバックテストを解説しているようなものばかりで、実際に玉を入れてトレードを実践するとなかなかうまくいかない状況が続きました。

「聖杯などない」と書籍には書かれていますが、やはり藁にもすがる気持ちで聖杯探しを続けトレードに挑んでいました。

 

2 マニュアル購入のきっかけ(復帰前)

そんな時期に出会ったのがレスキューのサイトでした。購入の決め手は、実際に動いているチャートを前日の振り返りから当日の事前解説まで毎日丁寧にしてくれることです。

また、実際に行った自分のトレード結果に対してメンターとなりアドバイスをしてくれるというすぐれものです。ここまで丁寧にサポートしてくれるサイトは他にはありませんでしたので購入を決意しました。

過去に読んだ書籍の中に「メンター」が重要というくだりがありましたが、私にとってメンターとなってくれる人などいるわけはなく、全て独学でトレードに挑んだ結果が大損だったこともあり、レスキューがメンターになってくれるという直感で購入しまた。
(メンターとは「助言者、師匠、教育者、後見人」といった意味です)

 

3 購入後の変化、結果(復帰前)

今一度初心に戻り模擬売買からはじめ実戦を繰り返すことで、徐々に収支がよくなりました。そこで改めて気づいたことは、これまでのトレード手法がけっして間違ってい
たのではなく、敵は自分の中にあったということです。

つまりルール通りにトレードをやりきることができていなかったのです。負けが2・3回続くと損大・利小となってしまう(プロスペクト理論)等、資金管理も重要ですが、メンタル的な要素がトレードを大きく左右していました。

 

4 卒業後のトレード

私のトレードスタイルは「順張りのデイトレ」が中心で、日に5回以上トレードすることもあり、日の値幅が大きい時期には大きな利益を上げることができました。しかし、値
幅が小さくなると収支もそれなりに少なくなります。

1ヶ月で500万以上利益を挙げて、翌月300万吐き出すというような時期もありました。トレード回数と資金管理を徹底して淡々とトレードをこなすことで、年間収支がマイナスになることはありませんでした。数ヶ月続く値動きの悪い相場で嫌気をさしたこともしばしばありました。

 

5 復帰のきっかけ

トータル収支・勝率を上げるため、私の弱点であるレンジ相場にも対応できる手法はないかと日々考察を続けていました。レンジ相場は逆張りをやればいいと解っていても、順張りが身にしみていると、順張り・逆張りの切り替えがなかなかうまくいきませんでした。

そんなときふと思い出し、レスキューの無料メールを再度眺め始めました。半年程無料メールを読んでいましたが、どうやらレスキューは逆張りの新しい手法を取り入れているようなので復帰してみることにしました。

 

6 復帰後の感想、変化

リニューアルされたマニュアルを読み、少ない枚数で練習売買をはじめたところ、復帰して1ヶ月の日単位での勝率は9勝1敗という成績が残りました。これは練習売買ですので、もちろんミストレードも含めた成績です。ミニ3~6枚程度の練習売買で、1ヶ月という短期間で約44万円の収益を上げました。

3月(3/14~) 270000円のプラス
4月(~4/12) 170000円のプラス

新しい手法はトレンド相場に強いのはもちろん、レンジ相場にも対応できる手法です。そして、デイトレでもゆったりとしたスイングにでも対応できる完成度の高いものとなっていました。今後はデイトレと並行してスイング手法も取り入れていこうと考えています。

 

7 最後に一言

今回の復帰にもレスキューは、しっかりと私の「メンター」になってくれました。

個人投資家の9割は負組みと言われていますが、やはり個の力だけではなかなかうまくいかないようです。メンタルに関する書籍も何冊も何度も読み返しましたが、書籍でのメンタル管理には限界がありました。

進化をつづけるレスキューは各個人に適したスタイル(デイトレ・スイング等)万人に対し必ずよいメンターとなってくれるはずです。