「レスキュー225」実践者への電話インタビュー   =あなたに似た人がいるかも=

公式無料ブログへどうぞ!

私のトレードと当日のチャート解説を毎日更新しています。
毎日UPされる「無料動画」で上手くなった人もたくさんいるみたい(^^)

「無料ブログ」へは、下のバナーをクリック!

日経225先物トレードの勝ち方

日経225に限らず、一般株やFXトレードで勝つための方法は、 それこそ星の数ほど探すことができます。
とくにインターネットが普及してからは、より一層多くの「情報」を入手することが できるようになりました。

余談ながら、私が投資サイトを開設した約10年前は、投資のアドバイスと言えば まだまだ雑誌や書籍が中心でした。
今や、誰でもネットから無料で様々な投資知識を得ることができますので 隔世の感がありますね。

ともあれこのような状況ですので、フツーに考えれば株や先物で成功する方が 飛躍的に増加してもおかしくない状況ですが、どうもそのようなハナシは 聞こえてきません(汗)。

それどころか、私が頂くお電話やメールの内容からは、むしろ安易に参加することによって 痛手を負う方が増えているのが「現実」のようです。

 

そうした相談のメールなどを拝見していて感じるのは、

チャートを見てクリックするだけで誰でも儲かる

多くの方が、トレードにこんなイメージを持ってはいるのではないか、ということです。

いい年をした大人が、こと株やFXとなると現実離れした夢を見てしまうの はなぜなのでしょうか。

たしかにトレードには「夢」があります。
性別や年齢、学歴や職業を問われることなく、みんな同じ条件で戦えます。
さらには、自宅のパソコンで好きな時間にできる上に、 数千万円単位の資本金も店舗を構えるリスクも無くスタートできます。

私も長いこと店舗商売をやりましたが、それと先物トレードとを比較するとよくわかります。

こんなビジネスがほとんど存在しないのは事実です。
成功する確率はどちらも同じぐらい(5%前後?)と考えると、少なくともやみくもにラーメン屋を 開業するよりは損害は無さそうですね。

ただしこれは“参入ハードルの低さ”であって、成功のハードルまでも低いのだと 勘違いしてはいけません。ごく普通の仕事と同じように【事前の準備】が必要なのです。

ですから、けっしてトレードを特別視しないで下さい。

成功するための【事前の準備】には3種類あります。

この3つです。
失敗する人はこのどれかが、または全てが足りないだけです。

逆の見方をすれば、ほとんどの一般トレーダーはこれらの準備せずに 参加しますので、入念な準備をして臨む場合は「勝ち残る確率」が飛躍的にアップするのです。

お金とトレード環境についてはここでは触れません、長くなるので。
(知りたい方はお電話でもください)

まずは、この3つが大切だということを知ってください。

では、3番目の「トレード手法」に関して少しお話しします。

大半の方が血眼(ちまなこ)になって探しているのが「手法=確度の高い売買サイン」だと思います。
実際、寄せられる質問もそのような内容が多いですね。

しかし実際には、それを探せば探すほどに「勝つ」ことからは遠ざかるという逆説的な現実があるのです。

要は、より良い(と感じられる)売買サインを探したり試したりすることが 「至上命題」になってしまい、【本当の目的=口座のお金増やす】から外れてしまうわけです。

このように手段が目的化することは、私たちの日常にもよくあります。

たとえば、


  ~ゴミの種類を細かく分類することが目的になり、無駄な労力やコストが発生
  ~“分別だけしていれば良い”とばかりに、本当の目的が忘れられてしまう


  ~情報を集めること自体が目的化してしまい、ムダ・不要なデータまで収集
  ~結論や結果が出ないまま、延々とその状態が続く


  ~支出を削減することばかりが目的になり、サービスや品質が落ちる
  ~売り上げが下がり、会社の収益が悪化する


  ~きれいにパスをつなぐことが目的になり、練習もそれ中心になる
  ~ゴール(シュート)への意識が低下し、試合には勝てない

大事なことなので少々しつこく書きました。というのも、この「手法探しの無限ループ」にハマっている初心者が本当に多いのです。

ハッキリ言いますけど、勝つための手法はそんなに複雑ではありません

というか、複雑に考えるから負けるとも言えます。
考えてもみてください、トレードには売りと買いの2通りしかないのですから、ある意味最初から勝率50%は確保しているわけですね。

ですから、あまり問題を複雑化させないほうが良いのです。
目的を履き違えて、あの手法この手法と探し回るのは「労力と時間とお金の無駄」でしかありません。
また、とくに日本人は完璧主義が多いと言われているので、こうした「手法探しの無限ループ」にハマりやすいのかもしれませんね。

この悪循環にハマらないための対応策はひとつだけ。
ことです。

そこで改めて尋ねますが、あなたがトレードする「目的」はなんですか?

移動平均線の見方をマスターしたり、 3分足チャートの売買ポイントを見つけられるようになることですか。
違いますよね。それらはすべて「手段」です。目的化してはダメなのです。

そう、目的は です。

具体的には、

 

というような目的の方が多いのではないでしょうか。
これらを紙に書いて貼るとか、1日に何度も唱えるなどして意識するようにしましょう。

だんだんこの世界に足を踏み入れてくると、その目的を 忘れてしまいます。
パソコンの前に座ったら、とにかくトレードして勝ちたいという欲が 勝ってくるのです。
すると、さきほどの「手段が目的化」した例と同じように、 様々な予想外の事態やコストが発生してきます。

どうでしょう、あなたはこんな考えになることはありませんか。

正直に言いますが、私にもこのような経験があります。

 

こうなると当初の「目的」はどこかにいってしまい、売り買いそのものが 目的と化して、ひたすら1回の勝ちを求めて刹那的なトレードをくりかえす ようになります。
しかも、当の本人は「真剣に取り組んでいる」と錯覚しているので修正も効きません。
実際は、勝ったり負けたりするたびに出る脳内麻薬(ドーパミンやアドレナリン)の中毒になっているだけなのに・・・。

もし思い当るところがあるのなら、ここで一度立ち止まってみてください。

「あれっ?自分は何のためにトレードを始めたんだっけ」と。

今、あなたの頭に浮かんだビジョンが「真の目的」です。ここでハッキリ意識してくださいね。

まずは、あなたの目的(ビジョン)をもう一度ハッキリさせてください。

再度念を押しますが、「トレードが上手くなりたい」というような目標はダメですよ。
それは目的達成のための“手段・方法”ですから(道具探しの悪循環にはまらないように!)。

総合的な意味で「上手くなる」なら良いのですが、なにか映画の中の華麗なトレーダーの映像がチラついているのなら大至急修正が必要ですよ。

毎日いつでも、どんな局面でも儲けられる方もいるでしょう。しかし、私も含めたごく一般的な人間には無理です。
持って生まれた才能と高い知能、そして厳しい訓練、最後に強運にも恵まれているごく一部の者のみにそうしたことが可能なのです。

本業も持ちながら、またはリタイア後の持て余した時間で、できればなるべく楽して儲けたいなどという甘い考えの人間が、そんなスーパートレーダーになれるわけ無いじゃありませんか(笑)。

ですから、ハッキリ言いますね。

私やあなたに必要なのは【凡人のための戦略】なのです。

この「凡人のための戦略」を1冊のマニュアルにまとめてみました。

>>> 凡人が勝つためのマニュアルについて