ホーム > よくある質問 > よくある質問

よくある質問

「凡人のためのトレード」とは初心者向けという意味ですか?

違います。端的に言えば、『口座の残高を増やすための戦略』の提案です。

“何台ものモニターを終日監視してキーボードを叩きまくるのが儲かるトレード”、こんなイメージをあなたの脳みそから消してもらうためにこう表現しています。

初心者はゆっくりリスクを押さえながら学ぶ、具体的には「参加枚数の制限」「参加背景や回数の制限」で数ヶ月程度の練習売買をします。基本的には買いトレード中心になるでしょう。

中級者以上であれば理解も速いので、より幅を広げた実戦売買をなるべく早くマスターしていただきます。保ち合い背景時や荒れた相場におけるアグレッシブなデイトレードも視野に入ってくるでしょう。

何事もそうですが、自分を知ることが大切。E-book225の『セルフトレードチェック』などで、あなたに足りない点を把握するのが成功への最短距離です。そこに合わせたプランニングを「凡人のためのトレード」と呼んでいます。

 

どれくらいの期間で売買手法をマスターできますか?

ハイ、1ヶ月もあればOKです!・・・と言いたいところですが、これまでの投資経験や学習時間にもよりますので一概には言えません。

ただ一つ言えるのは、マニュアルの内容自体は、中学生程度の理解力があれば十分にマスターすることができるということです。むしろ私が心配なのは、あなたがマニュアルを買っただけで満足してしまって、ロクに勉強もしないまま、また他の教材に目移りしてしまうのではないかということです(^^;

 

マニュアルなど売らないで一人で儲けていれば良いのでは?

なるほど確かに、と応じたくなりますが、私とは少し視点が違うようです。

というのは、私はもともと人に何かを教えることが好きで、多岐にわたる趣味(スポーツ・武道がメイン)においても、新人研修(笑)はたいてい引き受ける性分です。若い頃は、ビジネス研修の仕事で全国を回っていたこともあります。

なんというか、自分が教えたことで成長した人を見るのは格別な“報酬”ですよ。一度体験してみれば分かります。ぜひ当サイトの「インタビュー」も御覧になってください!

また、ハッキリ言いますが、トレード以外での一定の収益を上げるのも会社組織を運営・維持するのに必要なことなのです。

 

金子さんはディーラー出身かなにかですか?

いいえ、違います。普通のオヤジ、単なる凡人です(^^;

20年近く前に知人(=相場の師匠)から株式投資の基礎を叩き込まれて、いつの間にやら本業になってしまいました(汗)。当時は、壁に畳一畳ぐらいの方眼紙を貼って、日経平均や自動車メーカーのローソク足をサインペンで描いていました。陰線ばかりだと、すぐにインクが無くなるので困りものでした。

元業界の方も素晴らしいと思いますが、そうしたプロの現場と一般の個人ができるトレードとは少し、というかかなり大きな違いがありますよね。つまり、資金量や手数料、費やす時間や報酬(マイナスも含めて)などまったく別の環境です。

また、“天才肌”の方や、トレードするために生まれてきたような優れた能力の方もいらっしゃるのは承知しています。けれども、どちらが良いではなく、私はごく平凡な主婦やサラリーマン、そして誰よりも私のような『凡人』でもできるトレードをこれからも追及していきます(^^)

 

インタビューの人たちって・・・ヤラセですよね?

ドキッ、、、なんてことあるわけないでしょ(笑)。

すべて本物、正真正銘のマニュアル実践者の方々です。本人の写真と肉声アリの感想など他にあまり見ないので、そう思う気持ちはわかりますけどね。

何本か実際に聞いてみればわかりますよ。このような関係になるのに、どれだけのサポートをしてるかということですよ、ひとことで言えばね(^^)。

 

会社がショボそうだが、大丈夫ですか?

ええ、ほんと会社がショボくて・・・って失礼でしょ(笑)。大丈夫ですよ!リーマンショックをはじめとする数々の波乱を乗り越えてきて、気が付くと10年間も運営しています。

毎日のサポート業務と各種動画セミナー作成など、とても片手間や副業ではできません。他にも仕事はやっていますが、このサイト運営がメインです。

また、運営経費も最低限に抑えています。事務所は郊外の畑の中のボロアパート(大家さんがこれを読まないことを祈りますが)で、スタッフも2人だけ。

ファッションにも車にも興味がないので、唯一金のかかる趣味はゴルフぐらいでしょうか。そもそもパソコン一つで、どこででもできる仕事がトレードですからね。効率的な経営をしているので危機には強いですよ。

 

勝率はどれくらいですか?

勝率ですか・・・・(^^;。おそらくこれが気になる方は、システムトレード系の本などを中心に勉強された方でしょう。要は、ある条件になったら全員同じトレードをするということですね。

もちろん当マニュアルにあるのは、明確な基準と参加ポイントです。しかし、そのすべてに私がエントリーするのかというとそれはあり得ません。そしてそれは、マニュアルを購入した方々も同じです。インタビューを何本かご覧になればすぐに分かります。各人の職業やライフスタイル、何よりも最終的な判断は千差万別ということです。

あと1つ言えるのは、当サイトは「分割手仕舞い」を必須にしていますので、100円程度の順行でもほとんどのケースで“負けなし状態”に持っていけますよ(^^)その辺は毎日のメルマガを見ていれば分かります。



朝の動画解説は何時頃にアップされますか?

おおむね8時~8時半ごろです。ごくまれに動画ソフトなどの不具合で遅れることもあります。

ただし、朝の解説を見て「すぐにその日のトレードに活かす」という考えでいるならば、それは間違いですよ。当サイトは、「どうにかして毎日エントリーするぞ!」という、デイトレ的なイメージは持たないほうが良いという立場だからです。

朝の動画でつかんでもらいたいのは、現在進行形の相場をどのように予見して対応するのかという『ノウハウ』です。その日にスグ儲けるためではなく、やがてはあなた自身で判断できるようになってもらうために毎日収録しているのです。

少し余談になりますが、相場は“同じことの繰り返し=パターン”です。実際、私のメルマガやブログを読んで、「また同じことを言ってるよ」と思いませんでしたか(^^;

多くの本や教材にもそのようなポイントが書かれているのですが、いざ実践の場面ではすっかり忘れているというのが現実でしょう。ハッキリ言いますが、『相場のパターン』など覚えてしまえばたいしたことはありませんよ(^^)

問題は、「すぐに儲けたい!」という欲と、赤の他人に依存してでもという他力本願な姿勢です。あなた自身が決断し、あなた自身が行動するということを忘れないでくださいね。

「ナイトセッション前の解説はないのですか」という質問もたまにありますが、それはありません(翌朝に解説します)。理由は上記の繰り返しになるのでもういいですよね(^^)


 

日経225ミニ先物でもできますか?

はい、可能です。


 

ザラ場(取引時間)を監視できないのですが、大丈夫ですか?

特に大きな問題ではありません。平成23年7月からナイトセッションが深夜3時まで延長されました。これによってトレードチャンスが劇的に増加しています。

単純に取引時間だけを比較してもナイトセッションの方が長いです。もちろん、ザラ場もナイトセッションも監視できればいいのですが、そんなことを言っていたら身体を壊してしまいます。

昼間お仕事をしながら、夜の空き時間を使うことが出来るようになりました。よって、監視時間は自分でコントロールすればいいと思います。


 

ナイトセッションは対応していますか?

はい、チャートリーディング上、とくに違いはありませんので、大きく分析方法を変更する必要はありません。ナイトセッションが深夜3時まで延長されたことによって、ナイトのほうがいいという方も増えています。


 

システムトレードですか?

弊社のトレードプランも一種のシステムではありますが、「システムトレード」と言うには抵抗があります。

当サイトの趣旨は、動画セミナーやマニュアルで学んだトレードプランの『運用法』を習得していただくことです。

と言うのも、最近はやりの「システムトレード」。私も過去にいろいろやりましたが、中々うまくいきませんでした。

先に断っておきますが、『システム構築』自体には何の問題もありません。実際にシステムトレードで儲けている方もいらっしゃいます。

ただ問題なのが、実行するのは"それぞれの意思に任される"という点です。例えば、システムトレードのメリットとしては下記のような点が上げられています。

■感情に左右されたトレードがなくなる
■感情に左右されてトレード機会を逃してしまうことがない
■自動的に淡々と『システム』を執行できる

確かにその通りなのですが、別にわざわざ『システム』と言う言葉で強調しなくても、なんらかのルールを持っていれば上記のことはすべてあてはまります。

問題は、そのルールを実行すべく「注文を入れるのはあなた自身」ということです。

最近はやりの『自動売買ソフト』も同様ですね。パソコンの電源をいれて、そのソフトを起動するのはやはりあなたです。

何連敗もした後に、さらには他人の考えた理屈のわからない売買システムを、

【 本当に継続することができるのか 】

という点がもっとも難しい部分なのです。(「感情に左右されず」といいますが、そんな人間が存在するのでしょうか?)

そこで弊社のマニュアルでは、システムという言葉は使わず、トレードルールを背景・ベースにした実戦的なトレード法をお伝えしているのです。



最低資金はどれくらいでしょうか?

日経225先物(ラージ)であれば、必要最低保証金は50~80万円程度ですが、実際の運用では、1枚当たり100万円~があったほうが良いでしょう。

日経ミニ先物であれば、必要最低保証金は5~8万円程度ですが、実際の運用では、10万円~20万円が必要でしょう。

ただし、証拠金が揃っているだけでは、実際はまともなトレードはできません。心(=財布)にゆとりが無いと、焦ってエントリーしたり、必要のないところで手仕舞いをしたりしがちです。 ですので、当サイトでは最低でも100万円程度の資金が無いと難しいとしています。



チャートソフトは必要ですか?

はい、必要です。リアルタイム表示ができるチャートが必要となります。

証券会社提供の無料チャートをおすすめします。お申込みいただいた方には、ご案内いたします。


 


初心者でもできますか?

はい、可能です。

ただし、ひとくちに“初心者”といっても、投資経験やテクニカル分析への理解度によって様々です。

逆に私から聞きたいのですが、あなたは以下のどちらのパターンでしょうか。それぞれへの私からのアドバイスを読んで判断してください(^^)


1 いろいろ勉強したにも関わらずうまくいっていない

⇒ このパターンの方は、まず今までの悪癖を取り除く必要があります。武道やスポーツでも同じですが、初心者が異なる手法を“混ぜて”使おうとしても絶対にうまくいきません。一定の知識はあるのでしょうから、その腹積もりで臨めば理解するのに時間はかからないでしょう。


2 まだ投資(先物)自体を始めたばかり

⇒ 私の「E-book225」は、もう読まれましたか。その上でマニュアルを読んでいただければ理解はスムーズだと思います。また、「ローソク足ってなんですか?」という本当の初心者レベルであっても、そうした用語はネット検索で分かります。


この先、自己流でドンドン進むのも結構ですが、まず間違いなくうまくはいきません。ピアノや書道と同じで、やはりキチンと方法論を学ぶ必要があるのです。

また、投資は他の趣味と違い「うまくいかない=お金を失う」という結果が伴うので、できるだけ早期に“それ”に気付かれると良いと思います。



本マニュアルって「E-book225(¥1000)」よりも難しいんですか

難しいかどうかと聞かれれば、そんなことは無いというのが答えです。

「E-book225」に書かれている基本知識だけでは戦えませんので、それらを活かした“より実戦的な方法論”を示しているのが「本マニュアル」です。

当サイトのインタビューに登場する方々、またその内容を聞いていただければ『難解な』内容でないことはお察しいただけるのではないでしょうか。

それ以前に、難しいかどうかよりも、あなたに必要かどうかを真剣に検討してみてください。

 

>>> 本マニュアルについて詳しくはコチラ