レスキュー225のレビュー 40代男性とりさん

*インタビューをお聞きになるには、上の画像をクリック!

金子:突撃となりのトレーダー。早速行ってみたいと思います。こんにちは。

トリ:こんにちは。

金子:「トリ」さん、私とたしか同い年でしたよね。

トリ:そうですね。

金子:はい。お住まいは、差し支えなければ。

トリ:関西のほうです。

金子:お仕事は何をなさっているんですか。

トリ:本業は農業です。

金子:今はちょうど秋野菜の準備がお忙しいところですね。

トリ:そうですね、朝早いですね(笑)。

金子:白菜ぐらいまで植えたところですね。私もここのところ凝っていますのでね。まあ雑談長くなるとと困りますので。

トリ:はい。

金子:では、マニュアル購入前の投資経験、お願いします。

トリ:最初は皆さんと同じで株式から始めて、リーマンショックの後ということで、買えばもうけられるというような、その反動で利益は出ていたんですけれども、5年ほど前に会社を退職して、時間がちょっと昼間できてきたので、ちょっと先物でもやってみようかんと思って、やっていました。

最初はほんとうにデイトレはド素人でしたので、自分の感覚だけでやっていましたので、ほとんどもうかっていない状態で、損失が増えるばかりでした。

これではあかんかなというので、1回人に頼んでみようということで、投資顧問の契約をして。まあここが、幾らから幾らまでのレンジしか動かないという決めつけで売買する、金子さんのところのトレンドフォローという考え方がないので、その流れが出たら、もう大損ばかり。結局レンジなので、あまりもうからない。

金子:レンジだけということですよね。

トリ:そうですね。

金子:まあ両方必要ですからね。

トリ:次にやったのがシステムトレードです。これは幾つかソフトを購入して、バックテストの利益が結構よく見せているのか、結果全然もうからないので(笑)。

これはどっちかといったらトレンド方向に仕掛けるという形なので、見ていたら、結局上がっていったら、高いところで買ってしまうので。

金子:簡単なシステムというのはそうならざるを得ないですよね。

トリ:だから唯一勝てたのが、まあ震災で大変な被害が出たとき、その下げで。

金子:売りでね。

トリ:そのときだけで、あとはもう損ばかりなので、もうコンピューターが勝手に買うので(笑)。

金子:売り逃すんですね。

トリ:それをずっと見ているのがとても我慢できないという。

金子:ですよね。まあ自動売買ですね、いわゆる。

トリ:そうですね、自動、完全な。

金子:何でそういうふうに売り買いをするかという理屈はわからないままなんですね。

トリ:わからないままですね。

金子:それは無理だ(笑)。

トリ:うーん……。

金子:メンタルがもたないですよね。

トリ:やはり人に任せたり、コンピューターに任せることはだめなのかなと、自分でちょっとしっかり勉強しないとあかんのかなと思いまして。

金子:自分で考えて、その考えるプロセスを簡素にして、ルール化して、では理由もわかった上で調整もできてといって、いろんな条件をつけ加えましたけれども、そういう状態だったらシステムも悪くないんですけれどもね。

トリ:そうですね。自分で納得いったものでないと。

金子:そう、だめですよね。では、マニュアル購入をしていただいたきっかけというのは?

トリ:そういう形で自分ででも勉強しないとと思ったので、ウエブで検索していきましたら、金子さんのところの無料動画というのが目に入ったので、見ていったら、まあ最初はぼやーっとしかわからなかったんだけれども、背景を見きわめて、売りか買いかどちらかに絞り込んだり、トレンドフォロー的な考え方が重要というのがわかりましたので、副読本(E-book)を購入して、購入したらすぐ体験トレードをどうですかと。

金子:体験版のトレードメールですね、要するにそれをやっていただいたんですね。

トリ:そうですね。そうしたら、自分の感覚でしかトレードしてなくて、感想も、上がるかなと思って買いましたとか(笑)、ほんとうにド素人的なことを書きました。

トレードに感覚とか持ち込んだらだめとか、丁寧にすごい回答してもらって、たしか動画もつくってもらったんですね、私のために。

金子:ああ、そうですかね。ときどき、気が向いたらやるんですけどね。

トリ:それがすごい丁寧だったので、なかなか人のトレードを添削してもらえるようなサイトって、まず私知らないので。

金子:無料でね。

トリ:ねえ。あるんだなと思いまして。

金子:ちなみに、今もあるんですけどね。意外に皆さんご利用されないので、そのときの仕事の状況とか見ながらやらせていただいているんですが。

トリ:そうですね。いろいろシステムトレードとかでお金かなり減ってしまったんだけれども、最後のチャンスで1回やってみようかなと思いまして、本マニュアルを購入しました。

金子:はい。では購入後の変化、感想も含めて、どんな感じでしたか?

トリ:最初、マニュアル自体が結構充実していて。マニュアルは見たんだけれども、実際にトレードとなったら、これいつ使うんかなとかそんな感じで、ちょっとぼやっとして見ていました。

会社をやめた後でハローワークとかも行かなあかんし、家の仕事も引き継がないといけないというのもありましたので、トレードメールもやってみたけども、途中でもうやめてしまったりで、なかなか利益も十分取れなかったんですけれども、朝の動画解説で方向性ですね、背景が絞り込まれていますので、そんな大きな負けというのがなくなってきました。

金子:出入りが多い感じはしましたね。仕事お忙しいというのはよくわかっていましたので。

トリ:2年目、ちょっと落ち着いてやろうかなと思いまして、もう1回トレードメールをさせてもらって、きっちり毎日送らせてもらいました。日々の動画解説でも、たくさんマニュアルの中でこれを使うとかそういうのをピックアップして解説してもらえるので、今日やるのならこの手法かなというのがわかるので、それは非常に役に立ちます。

金子:マニュアルはしょせんどこまで行ってもマニュアルであって、現場でどう対応するかという、要するにマニュアルのどこをいつ使うのか、あるいは使っちゃいけないものもあるわけじゃないですか。

マニュアルをお売りして、「はい、どうぞ、これでおしまい、勝手にやってください」ではいかないんですよね。その辺は私はかなり意識して、くどいぐらい丁寧にお伝えしていますから、その辺はわかりやすかったとは思います。

トリ:そうですね。それは非常に参考になりました。

金子:結局、このインタビューのきっかけというのは、まあ、もう1人でやりますよと、お世話になりましたという卒業のあいさつだったんですよね、簡単に言っちゃうとね。

トリ:そうですね。

金子:具体的な金額はちょっとオフレコでお願いしますということなので、しこたま負けた、要するにうちのマニュアルを買うまでの負けの金額をすっかりと取り戻して、そしてマニュアル代ぐらいをコンスタントに勝てるようになってよかったですというごあいさつをいただいたと。そういう実感としての部分は。やっぱり変化大きかったですか。

トリ:そうですね。だんだん長いタイムフレームで入れれるようになったかなというのがありますね。

金子:ホールド力はすごくつきましたね。

トリ:それはトレンドフォローというのが重要というのが、すごいこのサイトに来てわかりましたので、そのトレンドフォローが起きそうなところで入るポイントというのがわかって、その玉を引っ張るのが大事ということもわかったので、そこは大きな変化ですかね。

金子:なるほどね。あとはうまくナイトセッションと絡むようになりましたよね。

トリ:そうですね、ナイトセッションが始まったので、結構昼間忙しくても、ナイトに仕掛けることができるので、それで去年とかね、かなりよかったです。

金子:そうですね。今も基本的にはナイトというのはどんな相場でもいいチャンスになるんですけどね。だから昼間農業なんていうのはぴったりですよね。朝早く起きて、暑いときなんか早く起きて、仕事片づけて、で、一休みして、夕方から、もしくは夜と。夜といってもそんなに極端に遅い時間仕掛けないですしね。

トリ:そうですね。

金子:うあとはだから適当なところで閉じて、また畑に行ったときに約定通知が来るぐらいな、そんなものですよね(笑)。

トリ:(笑)そうですね。

金子:それはナイトセッションだけに限らず、リズムをゆっくり伸ばすということを覚えたということはほんとうに大きいと思います。株くりっく365で買った玉、まだ持っているんですか。

トリ:そうですね、まだ持っています。

金子:ごちそうしてください。

トリ:大事に(笑)。

金子:では、2,000円ぐらい乗ってるんだ。

トリ:そうですね。

金子:こういうのを味わっちゃうと、余裕でしょう。

トリ:そうですね、これは腰が据わりますね、もう。

金子:ねえ。で、その腰の据わった玉があるからこそ、それに甘んじないで、さらにデイトレでいいところで乗せて、乗せるイメージでやっていくと、利益を確定していくトレードもあるから、もっと安定するでしょう。

トリ:そうですね。

金子:この両方がないと、実質難しいんですよ。大体これだって、何かの拍子で利食い損ねたら、利益ほとんど減っちゃうわけじゃないですか。そうすると、持ってられなくなって、手仕舞っちゃうんですよ。

余計なところで買い直すと、今度はうまくいかなくなるんですよね。だけど、根玉といって、しっかりとしたホールドした玉を持っていることによって、難しいところでは手を出さなくなります。いいチャンスでは都度確定して、お金を増やして、口座を増やしていく、かつ含み益も増えるって、これが一番いい循環なんですよね。それをつかんだから、もう卒業でいいということのメールをいただいたんだと思いますけれども、ほんとうそれでいいと思うんです。

トリ:はい。

金子:トレード回数減ったでしょう。

トリ:そうですね。もう全然減りました。ほかの皆さんも減らしていますもんね。

金子:私自身も3、4年前に比べたら、減りましたよね。

トリ:はい。

金子:半分以下に減ったでしょう。

トリ:そうですね、前は1日1回入らないといけないんかなと思って。

金子:多いとき、2回、3回やっていましたからね。

トリ:ええ。

金子:まあ相場にもよるんですけれども、私が率先してトレード回数減らしてきて、皆さんそれにフォローしてきていただいているので、びっくりするぐらい、下手をすると私よりホールドしていますよね。1万4,000円で買っているんだったら、安心して昼間農業できますからね。お勤めの人だって、極端な話、ずっと昼間会社にいたっていいわけですもんね。

トリ:はい。

金子:ただそれだけだと、気持ちがまた落ち着かない。デイトレ的な部分も欲しいんですよね。

トリ:はい。

金子:では最後にマニュアル買ったお勧めポイントというところを、ずばりお願いします。

トリ:ホールドすれば、大きな値幅が取れるという、その建玉を立てるポイントですね、ここが動画解説で詳しく解説していただけるので、よかったなと思います。

あと、マニュアルですね、マニュアルも3年前から更新をしていただいていますし、動画解説で今必要な手法、不要な手法とかそれもちゃんと解説してくれています。

私、ほんとうに3年前に入ったときには、右も左もわからない状態で、何をすればいいのかわからない状態で入ったんですけれども、今の方々は勉強の仕方から、一から教えてくれる状態なので、最近の人だったら3年もかからずに成長するんだろうなと。

金子:かなり絞り込んで、やることの具体性、マニュアルも分けて、まずここを覚えてくださいとか、明確にやるようになってきていますからね。

トリ:はい。

金子:的を絞らないと、やっぱり勉強もやりづらいですよね。

トリ:そうですね。どれを使ったらいいのかというのが。

金子:それはやはり申しわけないんですけれども、トリさんが買われたときよりも、今のほうが格段にレベルが上がっているので。

ただそれも、随分一生懸命メールでやりとりしたじゃないですか、トリさんと。せっせ、せっせ、夜中でもこうやって。で、そういう一生懸命フォローしていく中でどうしたらいいかというのを。

トレードの手法とは別で、指導の仕方ですよね、そこに関して、私自身にも迷いが一切なくなってきましたので、まだ正直4年ぐらい前は試行錯誤している部分もありましたね。それが今ないので、逆に皆さん素直に信じて、的が絞りやすいんだと思いますけれどもね。

トリ:それはありますよね。

金子:はい。もう3年半ですからね。だからもうそのサイト運営しているときに、もうこれ以上ありませんと言いながら、半年に一遍ぐらいリニューアルしているんですよね(笑)。

トリ:そうですね。どんどん更新されていくので、ああ、いいなと思って(笑)。

金子:内容を増やすということではなくて、よりよく変えていくということを、私自身、そこに関しては、もう絶対死ぬまでさぼっちゃいけないなと思っていますので。

とりあえず1つの区切りということで、卒業おめでとうございます。

トリ:ありがとうございます(笑)。

金子:これからはもうペースを守ることだけで十分だと思いますので、もうトリさんとはきのう、今日のおつき合いではありませんので、同じ農業従事者として趣味もかねて、時々定期的に連絡をいただければいいと思いますよ。

トリ:そうですか。

金子:もうスランプになったって、どこをどう直していいかもわかっていますからね。
トリ:そうですね。まあ(笑)。

金子:大体余計なトレードをやらなきゃいいだけなんですからね。

トリ:そうですね。

金子:いろんな相場つきも3年半通じて経験されてきていますから、おそらく大丈夫だと思いますが、何かあったら、いつでもご相談ください。

トリ:ありがとうございます。

金子:これからもマイペースで無理をせず頑張っていってください。

トリ:はい、ありがとうございました。

金子:今日はどうもありがとうございました。

*上記インタビューから3ヶ月後にいただいたメール*

おかげさまで去年も大きく利益を上げ、
本日確定申告でたくさんの税金を払ってきました。

先物を始めてから過去3年分の(うん百万)損失を計上していたので、
まだましでしたが、税金ばかになりませんね。

来年から税金でいくら持っていかれるのか恐ろしいです。
(14000円台の株365の含み益も相当積もっています)

去年のトレード手法としては、
メインは、2月、4月、10月の突っ込み買い(買い下がり)で、
ミニ10~15枚程度入れます。

次は、*****のところのデイトレ8枚から引っ張ります。
(元々先物に当ててる資金が500万円程だったので)

その他は、ザラバ本業が忙しい時はほとんど監視せず、
指値逆指値を大きくとって放っておきます。

まあ、アベノミクスによる上昇トレンドという部分が大きいですが、
ここというところに仕込んでおけば放っておいても利益が伸びますね。

結果的に、現状の含み益も加えると、
受講前に比べて元本が3倍近くに増えています。

ありがとうございました。